最初だからこその注意点も!新入社員の研修について

事前に研修内容を把握しておく

日本には様々な企業がありますが、中には新入社員は1週間~1ヶ月ほど研修があるという企業も少なくありません。もちろん新入社員ですから何をするのか全く分からないという状況ではありますが、それでは同期の人達と同じスタートを切って人に差をつけるということはできません。競争率の高い時代ですから、新入社員時代から一目置かれるような存在になることができれば後に有利になります。そのためには、インターネットなどで入社する会社の研修内容を調べておき、できる限り準備しておくことも大切です。

健康管理にはいつも以上に気をつける

新入社員にとって新しい会社というのは居心地の良いものではありません。たとえ研修中であっても仕事はきちんと行わなければなりませんし、周りの先輩や上司にも気を使う必要があります。そうすると、普段の何倍も気疲れしてしまい体調を崩しやすくなります。まだまだ休めない風習がある日本では新入社員が休むなど許されることではありません。風邪を引いたりしないようにしっかりと体を休めて、体調管理には気を使いすぎるくらいが良いでしょう。

寝る前の少しの習慣が差を作る

専門的な知識が必要であれば当然ですが、そうでなくてもその日に行った業務の内容について寝る前に少し振り返ってみるのも大切なことです。そこで反省点を見つけ出し、翌日実行してみるとより早く仕事を覚えることができますし、他の人とは良い意味で違った動きができるのでアピールにもなります。これは新入社員に限らず、ベテランになってからも効果的なことですので機会があれば実行してみるのも良いのではないでしょうか。また、研修中であれば研修内容をノートに書き出して各項目ごとに対策を講じることで厳しい研修でもこなすことができます。

最近の社員研修は、形ばかりの、旅行のようなものもあれば、運動部の合宿のようにスパルタ式のものまで、会社によって大きく違います。