ホームページを作成する前に基本中の基本を押さえておこう!その内容とは?

ホームページ作成で利用のファイル名の付け方について

日本語でのファイル名を付ける方法と言うのもありますが、ホームページを始めて作成する場合は、小文字の英数字のみしかファイル名は、利用できない事を基礎として考えておく事が重要ですよ。ホームページは、トップページと呼ばれるページとサブページと呼ばれるページに分かれる事になりますが、トップページは必ず、index.htmlと言う名前で付ける必要性があり、トップページのアドレスは、サーバーを利用する時のアドレスになります。パソコンを利用する場合は、フォルダと言う物ががあり、フォルダの中にフォルダを入れる事が出来ますよね。インターネット上では、それをディレクトリと言われていまして、トップページ以下のディレクトリに対して、ページや素材を入れて行く事が出来ます。ただし、サーバーのトラブルを防ぐために、各ディレクトリにはindex.htmlファイルを入れて作成して行く事が基本ですよ。

ホームページ作成で利用する拡張子の基本について

ホームページのみならず、何かしらのソフトを利用してファイルを保存すれば、拡張子が付く事でどのファイルなのかを確認する事が出来ますよね。ホームページでは、様々な拡張子を扱ったファイルを利用する事が出来ますが、全てのファイルが扱える訳ではありませんよ。ページその物を表示するには、htmlとhtmがありますが、一般的にはhtmlが利用されています。画像を扱う場合は、デジタルカメラでもお馴染みのjpg形式がありまして、それ以外には切り抜き画像を綺麗に表示させる事が出来るpng形式や、扱える色が少なく、データ量の軽いgif形式もあります。ファイル名と拡張子の間には、必ずドット記号を利用して、ファイル名と拡張子の区別をする必要性がありますよ。

ホームページで利用する文字の形態

ホームページは、出来るだけ表示を早く表示するために、ユーザーの端末に入っている文字情報を利用して表示させていますよ。つまり、ホームページを作成した時の文字の形態で必ず表示出来るとは限らず、パソコンに文字情報が入っていなければ文字化けの原因になってしまいますよね。ホームページを作成する時に、どの文字の形態で表示させるのかを指定する事が一般的ですが、基本的には、どのパソコンにも入っている文字の形態を選ぶ事が重要です。しかしながら、デザインが少し変わっている魅力的な文字を扱っているホームページもありますよね。これらの多くは、文字としてでは無く画像として扱っているため文字化けが起きませんよ。ホームページを作成する場合は、最低、画像を加工できるソフトを持ち合わせておく事が大切と言えますよね。

ホームページ制作の進め方について興味があれば、各地の有力なIT関連企業に外注をすることもコツと言えます。