あきらめないで!壊れたパソコンからデータは引き出せる

パソコンが壊れていてもデータは生きていることが多い

突然パソコンが立ち上がらなくなって、パニックになってしまう人は多いですよね。これまで撮りためたデジタルカメラの写真や、お仕事のプレゼンデータ―など大切なデータがアクセスできなくなってしまって困ってしまいます。パソコンを買いなおして写真はあきらめ、データも作り直しかとあきらめてしまう人も多いかもしれません。でも、あきらめないでください通常パソコンを起動するOS部分が壊れていたり、単純にコンデンサなどのディスクリート部品が壊れたりしているだけで、ハードディスクは生きていることが多いのです。

パソコンが無反応な壊れ方ならHDDを取り出そう

パソコンが、電源を入れても、ウンともスンとも反応せず、ランプもつかないようなトラブルなら、電源系の異常です。ハードディスクは絶対に生きています。もし、デスクトップタイプのパソコンであれば、電源ユニットを買ってきて交換しましょう。メーカーに修理依頼をしても大丈夫です。また、代替えのデスクトップパソコンがあるようであれば、HDDを取り出して代替えパソコンに取り付けデータを安全な別のHDDに移植しましょう。これで大切なデータは守れます。

パソコンは起動しようと頑張っているが起動しない場合

この場合、内蔵HDDの中の一部のエリアである、OS起動部分が破損しています。下手に、OSを再インストールするのだけは避けてくださいね。大切なデータがすべて消えてしまいますから。こんな時は、データ復旧を専門に行っている業者があるので、そこにHDDを持ち込んでお願いしましょう。現在はSDカードもHDD並みに大容量化しているのでSDカードなどに復旧してバックアップを取ってくれますよ。業者が見つからない場合は、メーカー修理でも“データ復旧希望”と言っておけば対応してくれます。

パソコンの修理に力を入れている業者は、年々増加しており、価格設定や顧客サービスにこだわろうとするところが目立っています。