ホームページ公開に必要なレンタルサーバーとは!?図書館に例えて分かり易く解説!

レンタルサーバーって何者?

ホームページの内容と言うのは、パソコンに入っている訳ではありませんよね。インターネットと呼ばれるネットワークの中に入っています。ネットと呼ばれる事もありますが、そもそも目に見えないためよく分からない人もいるでしょう。ネットと言うのは、例えるならば図書館と図書館が手を結び、一つの大きな図書館を作り出している物であり、図書館の様な場所をサーバーと呼ばれています。図書館をまるごとレンタルする事も出来ますが、図書館にある本棚の一部をレンタルする事も出来ます。

高速と専用サーバーって何?

図書館に多くの人が集まれば、人が混雑して欲しい本を見つけ出す事が出来ませんよね。高速サーバーと言うのは、あえて例えるならば本の貸出易さです。図書館に歩く歩道があれば、人の往来も早くなりますよね。このスピードが早いサーバーを高速サーバーと呼ばれていますよ。遅ければ、ユーザー側の表示が遅くなり、不満を与えてしまう可能性もありますよね。専用サーバーとは、あえて言えば、図書館にある本が全て同じ本を収めている様な状態と言えるでしょう。全て同じ内容のため、ユーザーは素早く本を見つけ表示する事が出来ますよね。人が多く集まっても、混雑をしてしまうリスクを軽減する事が出来ますよ。

独自ドメインってよく分からないけども?

本を貸し出す場所の名前の一部が全て同じであれば、ユーザーに対して混乱をさせてしまうかもしれませんよね。例えば、花と言う場所に対して、違う本が収められていれば、違和感を与えてしまう事もあります。一般的には花とは付いていなく、会社の名前だったり様々な名前が付けられていますよ。中には自分自身で考えた名前の本棚に収めたいと考える人もいるでしょう。それが、独自ドメインと呼ばれている物であり、独自ドメインを購入する事が出来ますよ。ただし、あくまでも本棚の名前であり、本と言うホームページを収めるにはその場所をレンタルする必要性があります。独自ドメインとレンタルサーバーの両方を扱っているサービスの利用もお勧めの一つと言えるでしょう。

レンタルサーバーにアップロードしたファイルは複数のハードディスクにコピーされるので、消失するリスクが少なく安全です。