誹謗中傷を少なくするには?!その対策法について

顔を公表するリスクについて

インターネットを通して、誹謗中傷を浴びやすいのが、顔を公表したことによるものです。ソーシャルネットワーキングサービスや動画の共有サイトに、顔がわかる状態のものを、アップすると、インターネットを介して、誹謗中傷されるにとどまらず、下手すると住居の特定や個人にとって、最も大切な個人情報を突き止められてしまいます。悪意をあわせ持った人は、容易に保存が出来ますので、二次使用されてしまうことになりかねません。

できるだけ匿名を利用しましょう

知人までしかアクセスできないように範囲を設けたとしても安心は出来ません。知人に登録が行われている人が絶対に二次使用しないとは断定できません。そして、実際のところ誹謗中傷を受けたケースでは、仲間の数が多いほど誰が中傷したか解らないままに知人全員を不審に思うことになります。可能なら実名でエントリーするようなソーシャルネットワーキングサービスは用いずに、匿名で活用したほうが誹謗中傷を浴びせられる危険が少なくなるのです。

掲示板の注意点について

掲示板や質問サイトがありますけど、あらためていうまでもなく、いずれにしても匿名で、活用することができます。掲示板の中にはなりすましを防御するために同一人物の打ち込みであることを証明できるメカニズムが準備されていますが、こちらの仕様を用いると、誹謗中傷の対象者となりやすくなります。個人にとって最も大切な個人情報がわかるわけではありませんが、気分を悪くすることが多いことから、回避したほうが手堅いです。

2ちゃんねる削除の手順は非常に簡単なもので、管理人へ、削除して欲しい書込みを連絡するだけで削除出来ます。