顧客を守る?!ネットワーク監視の必要性について

顧客も監視の対象になります

ネットワーク監視となりますと、少し前までは、サーバーをひたすらサイバー攻撃から固守することを、目標にしたものでしたが、最近ではサーバーのみでは済まなくなって、顧客を保護しないといけないことに、なっています。現代では、顧客の周辺環境も24時間接続が、当り前となっていますので、サーバーと同程度に、ネットワークに365日接続されている顧客についても、常時サイバー攻撃に晒されることになってしまったためです。

24時間接続で状況が変化しました

かつての顧客は、ダイアルアップでの接続で、インターネットでアクセスする時にだけ、ネットワーク接続していたことから、配分されるIPアドレスがその度ごとに変わっていたために、サイバー攻撃される恐れは滅多になかったのです。しかしながら、24時間接続されることになると、配分されるIPアドレスが決まってしまうために、クラッカーとして、サーバーと一緒のターゲットとなってしまったといえます。顧客もサイバー攻撃のターゲットとされるようになっています。

顧客の重要データを守ることは重要です

会社組織のLANに接続しているマシンには、価値のあるビジネスデータが多数組み込まれているわけですから、現代ではそのような顧客のマシンも、サイバー攻撃のターゲットとなっています。そして、そのプロテクトが甘ければ、キーポイントとなる会社データを盗まれたり破滅されてしまうことで、会社は相当額の損害を出します。その結果、現代では顧客を守るためのネットワーク監視も準備しておかなければいけないものとなっています。

安全に運用をするためのネットワーク監視は専用のソフトウェアを導入すると、効率的に行うことが出来ます。